メニュー

女の子

幼児期から始める語学学習

外国語の能力が重要視されるこれからの時代は、英語を使えて当然という見方もできます。そんな時代を生き抜くためには、幼稚園児のように低年齢の頃から英語に慣れさせるのが効果的です。今では様々な英会話スクールがそうした需要に対応しています。

アルファベット

増加する個性派

福岡市には130程度の幼稚園が満遍なくあり、地域としては恵まれているところです。幼稚園を選ぶ際には、お勉強に力を入れているか情操教育重視か、あるいは高校・大学までエスカレーター式に進学できるかなどの面と、給食やお預かりの有無のサービス面の両面から検討するとよいでしょう。

授業

セレブの町で人気の教室

セレブの町、世田谷には、数多くの幼児教室が点在しています。中には、幼稚園入園前の子供たちに教える教室もあります。英語や音楽を教える所もありますが、特に人気なのが情操教育を行う幼児教室です。その手の教室に通うことで、子供に落ち着きが出てきたり、入学後の成績の伸びが良い等、かなりの教育効果が見込めます。

ENGLISH

グローバル化した日本

近年、小学校という若い子供に時代から英語教育を導入していくようになってきている。子供のころから英語を学ぶことで将来のグローバルな日本で活躍できる存在になれる。そのためには大人の協力が不可欠で子供のために貢献しなければ成立しない。

勉強道具

幼児期の外国語教育

幼稚園児向けの英語スクールは将来的に役立つ語学スキルを身に付けさせることが目的とされています。英語のスキルのニーズは拡大しており、この需要に伴い幼児教育に専念する保護者が人気の高いスクールで子供を学ばせているのです。

スクールの特徴

勉強

スクールに必須のもの

小学からの英語の授業が必修になって、英語の早期学習が重要になってきています。多くの幼児や小学生が新たに英語スクールに通いはじめていますが、スクール選びのコツはあるのでしょうか。どの英語スクールも顧客獲得のために、独自の方針やカリキュラムを打ち出しています。幼児や小学生の時期は他にもいろいろ習い事をしていたりするので、スクールにかかる費用が気になる人も多いかもしれません。しかし、英語学校を選ぶ一番のポイントは、幼児や低学年の子供たちが楽しんで英語を学べるようなカリキュラムがあるかどうかです。また、一緒に通う友達などが多い方が継続しやすいので、自宅付近の通いやすい立地にスクールがあることも大切です。一般向けのスクールとは違って、子供たちを英語に集中させられるようなテキストの内容や仕組みがなくてはいけません。そのため、子供向けの教室を選択する時は、かかる費用やコース内容だけでなく、教材の中身や先生の指導方法などにも十分目を向けましょう。今は小学校から英語が必須になっており、将来的に高校や大学を受験する際にも、英語ができるかどうかが合否の大きな鍵になってきます。最近は大人から子供まで英語学習が盛んになっていますが、今後もこの科目の重要性はさらに増してゆくでしょう。アルファベットや文法などを自然に楽しみながら身に着けられるスクールに出会うことができれば、きっと子どもたちの目が輝くことでしょう。