メニュー

グローバル化した日本

ENGLISH

日本の将来を明るくする

これまでは中学生から英語教育が始まっており、小学校ではまれに外国人の先生を招いて英会話を軽く行う程度であったが、近年では小学校から本格的な英語教育を導入していこうという動きが加速している。今までは中学校に入学してからアルファベットの順番から覚えていき、文法や文章読解などに取り組んでいたが、それが小学校から英語を習い始めることで中学校での英語教育にも大きく影響していく。子供の段階ではまだ日本語の習得もまだ十分になされていないなかで英語にも取り組むことは大変である。しかし、近年日本ではグローバル化が進んでおり、日本語の他に世界での使用頻度の多い英語をいち早く学ぶことで子供の時代に高度な英語の習得を目指すことが可能となり将来大人になって仕事に就く時にも仕事の幅が広がって子供たちにとってはいいことである。もちろん日本語のみでも仕事に支障はきたすことはないが早い時期から英語を学んでいくことで外国にも興味をもって留学に行くなどグローバルな活動にもつながる。しかし、小さい子供のころから英語を学ぶにしてもそれを教える人がいないことには成立しない。そこで教える側の英語の習得もしていかなければならず、大人から勉強をしないといけないので教える側も大変である。しかし、将来の日本を明るくするためには今の子供たちにかかっており子供を成長させるためには大人たちの協力が不可欠であり、大人はこれに妥協してはいけない。