メニュー

幼児期から始める語学学習

女の子

年齢に合った学習法

グローバル化が進んだ現代では、働く場所においても国境の壁が以前より低くなっています。そこで最も重要視されるのが複数言語を操ることのできる能力です。特に英語は使いこなせることが当たり前になっていると言っても過言ではありません。国際語となっている英語を理解できないようでは、外国人と満足にコミュニケーションを取ることすらできないのです。日常生活で英語を使うことが少ない日本においては、幼稚園児のような低年齢の時期から英語に触れさせることが重要になります。幼稚園児の年代はまだ日本語も定着していない段階なので、積極的に外国語に触れさせることができれば身に付きやすいというメリットがあるのです。外国語を習得するにあたって大きな課題となるのがリスニングです。相手が何を言っているのかを聞き取ることができなければ、語彙力があっても適切な発信を行えないからです。日本人にとって聞き分けることの難しい発音が英語にあることはよく知られています。幼稚園児のように吸収力の高い年代から英語に親しんでいれば、耳が自然と聞き分けられるようになります。最近では子供の語学学習に力を入れる家庭も増えているので、幼稚園児のような低年齢を対象としたプログラムを持つ英会話スクールも多くなっています。また、教室に通うタイプだけではなく、オンラインでの授業を提供しているスクールもあります。住んでいる地域に関係なく子供が英語を学べる環境はかなり整ってきています。